電柱の装置、また無断操作=高知で1180戸停電―四電

四国電力は7日、高知市大津の電柱に設置された装置のスイッチが何者かに無断で操作され、高知市と高知県南国市の計1181戸が一時停電したと発表した。

昨年10月と11月にも高知市で同様の停電があり、県警が業務妨害容疑で捜査している。

四電高知支店によると、停電は7日午後9時45分ごろ発生し、57分間続いた。無断で操作されたとみられる装置は地上約10メートルに設置。装置から長さ約7メートルのロープが2本垂れ下がっており、通常は専用の棒を使って操作するという。 




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000009-jij-soci