粛清の張成沢氏、偽名旅券で来日/持病治療兼ね情勢把握か

北朝鮮の金正恩第1書記の最側近で、2013年12月に粛清された張成沢元国防副委員長が1983年と91年、北朝鮮の偽名の旅券を使って日本を訪れていたことが5日、複数の日韓公安当局者への取材で分かった。張氏は正恩氏の叔父で後見役だった。日韓公安当局は、日本の社会情勢の把握が目的とみている。持病の治療も兼ねていたという。

公安当局によると、張氏の入国が確認されたのは83年4月と91年9月。83年は、歌や舞踊などを披露する芸術団の役員として、91年は建設関係の視察団の一員として入国。治療は、首都圏の病院で受けたとされている。




http://www.ehime-np.co.jp/news/kyodo/20160106/ky2016010501001554.html