直虎マスコットキャラ公募

浜松市は、来年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公で、同市北区ゆかりの戦国武将・井伊直虎をモチーフにしたマスコットキャラクターを全国公募する。昨年のゆるキャラグランプリで優勝した「出世大名家康くん」との二枚看板で、市のアピールに一役買ってもらう。

二月にも徳川家の菩提(ぼだい)寺である増上寺(東京都港区)に徳川宗家十八代当主の徳川恒孝さんを招いて記者会見する。

浜松がイメージでき、家康くんと並んで、つり合いが取れるデザインを募る。四月までに市長や有識者らの審査で決定後、全国各地をPR行脚できるように着ぐるみも制作する。二〇一六年度予算案に入選作品への賞金や広告費など約百万円を計上する。

市は、大河ドラマによる一過性のブームに終わらせないようにと、官民連携で観光振興や地域活性化に取り組む。担当者は「家康くんのように幅広い世代から好まれるキャラクターにしたい」と期待する。公募に先立ってロゴマークも募り、ポスターやバッジなどに活用していく。

直虎は、徳川家康の重臣・井伊直政の養母で、同市北区引佐町の龍潭(りょうたん)寺が菩提寺。大河ドラマは女優の柴咲コウさん主演で来年一月から放送される。




http://news.goo.ne.jp/article/chuplus/region/chuplus-CK2016010402000093.html