遠距離介護で困ることって? じつはあまり知られていないメリットとは?

連載第2回までは、年末年始に帰省してみたら、「認知症かも?」 「そうだ、病院へ連れて行こう!」 と思っても、そんなに簡単ではないというお話と、何よりも認知症の可能性のあるご本人への配慮を忘れてはいけないというお話でした。

今回は「遠距離介護」というテーマです。先日、4年目に突入した遠距離介護ですが、介護サービスをうまく活用することで、月10万円を超えた交通費を4万円にまで減らすことができました。距離が遠くなることで困ること、実はあまり知られていない「メリット」についても、お話していきます。

母の住む盛岡。遠距離介護の悩みの第1位は交通費だが……

遠距離介護コミュニティーNPO法人パオッコ調べによると、介護者が遠距離介護で困ることベスト3は以下のとおりです。

1位:交通費
2位:心身疲労
3位:帰省できない

第1位の「交通費」ですが、我が家のピーク時は月10万円を超えました。お金の話は次回コラムに書きますが、交通費の負担増が家計を圧迫するというのは、遠距離介護ならではの悩みです。第2位の「心身疲労」ですが、離れているため「元気にしているかな」「ご飯はちゃんと食べているかな」と心配になります。また移動距離が長く、体力的にも疲れます。

第3位が一番の問題です。介護サービスを利用していて、帰省できないのであればまだ救いがあります。もし何も手を打たないでいた場合、第2回にも書いた通り、認知症であれば進行してしまうこともあります。

これら3つの悩みを解決する方法は、「人に頼ること」です。特に遠距離介護の場合、すべて自分で介護をしようとしてもムリです。ひとりで抱え込まず、人に頼ることが最善策です。

第2回コラムで要介護認定を受けて、介護度が決まるというお話をしました。そのあとでケアマネージャーと、どのような介護サービスを受けるかを話し合います。これが、人に頼る第一歩です。

お買い物は何曜日の何時? 入浴介助は週2回など、介護を受ける人の生活が成り立つように介護サービスを検討します。場合によっては、施設への入所という選択肢も考えられます。

要介護1である独居の母は認知症に加え、手足が不自由です。なので、1人では決められた通りに服薬できませんし、ゴミ捨て場も遠いので自分では行けません。買い物も厳しいですし、手足もリハビリをしないと、この先もっと動かなくなります。

これらすべてを満たすために、訪問看護師、ヘルパー、作業療法士が毎週家に来て、生活をサポートしてくれます。これをケアプランといって、どのような介護サービスをいつ、どれくらい受けるかをケアマネージャーや地域包括支援センターが作成します。

民生委員や親族、ご近所など協力してくださる方がいればそれでもいいのですが、どうしても不定期になるので、サポート的な役割と考えるといいです。

ちなみに、我が家は遠距離でも在宅介護にこだわっています。それは、母が家に居たいと言っているからです。息子を理解できなくなったら、施設に行くと言っています。認知症でまだ本人の意志が確認できる状態にあるならば、ぜひ本人の希望を聞いてみてください。

まずは監視カメラです。安否確認ができる見守りサービスは多いのですが、ガスやポット利用による確認メールが主流です。やはり自分の目で動いている姿が見たい、音が聞きたいので、居間に監視カメラを設置して、スマホでチェックしています。カメラ費用も安価になっていて、8,000円程度から購入可能で、設置費用もかかりません。

怪しげな訪問販売の対策もしています。録画機能付きのドアホンを設置することで、誰が来たか分かるようになっています。認知症なので、来た人を覚えていません。意外とセールスが来ますが、録画されているので後日電話ではっきり断ることもできます。

遠距離介護が難しいので、親を呼び寄せて同居したり、近くの施設に入居するという方法をとる方もいらっしゃいます。ご自身は安心すると思いますが、ここは親の気持ちになって考えてみてください。

近所にいた昔からの友人と別れ、聞き慣れたはずのあの方言が周りから消え、みそ汁の味が変化する。18歳で都会へ出る好奇心いっぱいの若者とはワケが違います。特に認知症の場合、こういった環境の変化についていけずに症状が悪化するということがあります。トイレの使い方にとまどう、お風呂の操作が分からないので、利用を控えるといったことも起こります。

こういった理由で、もし母が施設への入所が決まった場合でも、岩手県から離れることはありません。

遠距離介護の最大のメリットは、介護生活をリセットできることです。認知症の母と一緒に生活していると、時にはケンカになることもあります。しかし、東京に戻って数日生活すると、ケンカのことを忘れます。次回、帰省した時はイライラも消えていますし、認知症の母もケンカのことは覚えていません。

2つ目に、施設への入所を検討する場合、遠距離介護のほうが優先順位は高くなります。入居待ち約52万人といわれる特別養護老人ホームなどは、こういったところで差がつきます。

東京での生活を軸にしたいという自分自身の考えもあって、あえて通いの遠距離介護をしています。

遠距離介護で困ったら、無料相談してみてはいかがでしょうか? NPO法人パオッコ(東京都・文京区本郷)では、不定期で「パオッコサロン」が開催されています。遠距離介護の第一人者である太田差惠子代表やスタッフの皆さんが、遠距離介護の悩み相談に乗ってくれます。事前申し込み不要で、毎回先着20人が相談を受けられます。詳しくはホームページ(http://paokko.org/)でチェックしてみてください

介護サービスを利用することで、帰省頻度が減り、同時に交通費も削減されました。心身疲労からも解放され、帰省できなくても安心です。周囲を巻き込み、グッズを使って私は通いの遠距離介護を可能にしています。

次回コラムでは、こういった遠距離介護で毎月どのくらいの費用が発生しているのか、認知症でかかる費用はどれくらいかなど、お金にまつわるお話です。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00000008-wordleaf-soci