救急車故障25分遅れ 60代男性、病院で死亡確認 札幌

札幌市消防局は29日、札幌市南区定山渓温泉西3の宿泊施設から119番通報を受けた際、救急車が故障して出動できず、別の救急車が出動したものの現場到着が本来より約25分遅れたと発表した。60代男性が病院に搬送されたが、死亡が確認された。消防局は遺族に謝罪し到着の遅れと死亡の因果関係を調べている。

消防局によると29日午前1時5分、「男性が浴室で転倒して頭を打った」と宿泊施設の従業員から通報があった。この時点で詳しい容体は分からなかったという。消防局は、宿泊施設から約1キロ離れた南消防署定山渓出張所から救急車を出動させようとしたがエンジンがかからず、1時9分に約14キロ離れた同署藤野出張所の救急車を出動させた。

消防局が到着が遅れることを宿泊施設に連絡した際、男性が意識を失っていることが判明。1時16分、定山渓出張所の消防車で救急救命士を宿泊施設に向かわせ、1時24分に着いた。男性は既に心肺停止状態で、救急救命士が他の宿泊客から救命処置を引き継いだ。

本来なら、定山渓出張所から1時10分ごろに着いていたはずの救急車が、藤野出張所から到着したのは1時35分。救急車は男性を札幌市内の医療機関に搬送したが、死亡が確認された。




http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0218253.html