くも膜下出血の前兆  目は口ほどにものを言う

以前、くも膜下出血は何の前触れもなく突然起こることをお話ししました。しかしながら、中には破裂する前に前兆がある場合もあります。

50歳の女性が数日前から右目に違和感があり、眼科を受診しましたが「異常なし」といわれました。翌日、朝起きて鏡を見ると、右目のまぶたが上がっていないことに気がつき、びっくりして再度眼科を受診しました。すぐに脳神経外科に行くようにいわれ、当院を受診しました。

この右目の症状ですが、脳神経の一つである動眼神経が障害を受けている症状です。そのまま緊急入院され、脳血管の検査をすると、脳動脈瘤(どうみゃくりゅう)が大きくなり、この動眼神経を圧迫していることがわかりました。同日、緊急手術を行いました。幸い、症状が出だしてから治療までが早かったので、脳動脈瘤が破裂することを回避でき、かつ目の症状は手術後速やかに回復されました。

脳動脈瘤は、腫瘍(しゅよう)のように、ある一定のスピードで大きくなるのではなく、破裂する少し前から突如として膨らみ始め、そして破れることが多いといわれています。ストーブの上にもちをのせておくと、突然ぷくっと膨れてきて、「パンッ」とその部分が破れる様子を見られたことがあるかもしれません。脳動脈瘤が破れる様子はこのもちに例えられることがあります。今回の患者さんは、たまたま脳動脈瘤の近くに動眼神経があり、急に膨らんできたために圧迫して目の症状が出たのです。

このような症状が出ると、早く脳動脈瘤の治療をしないと目の症状が治らないだけでなく、近いうちに破裂し、くも膜下出血をきたしてしまいます。脳動脈瘤の存在する部位によってもさまざまですが、他の前兆としては、片目の視力が急激に悪くなる、あるいはものが2重に見えるなどの症状があり、いずれも目に関する症状です。これらの症状は目の病気の頻度が最も高く、まず眼科での検査が優先されますが、脳血管の病気の症状のひとつである可能性もあることは、覚えておく必要があります。

「目は口ほどにものを言う」ということわざがありますが、脳と目は近くに存在することから、脳の病気の症状の一つが目に現れることもあり、われわれ脳神経外科医にとって、日常診察においても「目を見る」というのは大事な仕事であります。

(和歌山県立医科大学 脳神経外科 講師 増尾修)




http://www.sankei.com/west/news/151226/wst1512260005-n1.html