1200店で新電力調達 すかいらーく、2月から

ファミリーレストラン「ガスト」などを展開する外食大手すかいらーくは25日、全ての店舗の半分弱に当たる約1200店の電力調達先を、現在の大手電力会社から比較的安価な電力を供給する新規参入の電力会社(新電力)に切り替えると明らかにした。来年の2~3月に順次実施する。年1億円程度の費用削減を見込む。

円安による輸入食材の値上がりや人件費の上昇で経営が圧迫される中、削減した費用を店舗の改装などに振り向けて集客につなげる。電力小売りが全面自由化となる4月以降はさらに約280店で新電力への切り替えを検討する。

新電力各社との契約は来年1月前半になる見通しだ。




http://this.kiji.is/53095093374649852?c=39546741839462401