元副市長の収賄112億円、中国 石炭絡み、山西省

中国山西省呂梁市の張中生・元副市長(63)が、昨年5月に当局の調査を受けて失脚するまでに6億元(約112億円)を超える賄賂を受け取っていたことが分かった。中国誌の財経(電子版)が24日までに伝えた。収賄事件が続く中国でも地方官僚としては突出した金額。

中国中西部に位置する山西省は有数の石炭産地。張元副市長は呂梁市の石炭事業を担当、2000年代の石炭ブームの中で業者から多額の賄賂を受けたとみられている。

元副市長が絡む不正事件の総額は25億元に上るとされる。元副市長は石炭絡みの権力の大きさから「呂梁のゴッドファーザー」の異名があったという。




http://this.kiji.is/52656600670946813?c=39546741839462401