奈良・生駒の学校給食にアメ包み紙を混入 調理員を逮捕

奈良県生駒市の学校給食から相次いで異物が見つかった事件で、アメの包み紙を混入させたとして調理員の男が逮捕されました。

偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは生駒市立学校給食センターの調理員、中尾成男容疑者(46)で今月14日、調理予定のチンゲン菜にアメの包み紙14片を混入した疑いが持たれています。

給食からは、9日にもセンターの床材とみられる物が見つかっていましたが、包み紙はセンターの休憩室にあったアメと同じものだったため、市が被害届を出していました。

警察によりますと、18日、休みだった中尾容疑者が診断書を持ってセンターに現れた様子がおかしかったため、捜査員が尋ねたところ、包み紙の混入を認めたということです。

取り調べに対し、「給食を中止させて、作業行程を見直してほしかった」と供述しているということです。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00000001-mbsnewsv-soci