<化血研>無届けでボツリヌス毒素運搬

化学及血清療法研究所(熊本市、化血研)は18日、生物テロなどに使われる可能性があるため運搬の際に公安委員会への届け出が義務付けられている「ボツリヌス毒素」を、届け出をせず運搬していたと発表した。厚生労働省は近く立ち入り調査する。

化血研によると、2007年10~12月に3回、今年10月に1回、県内にある3カ所の事業所間でボツリヌス毒素を運搬。感染症法では0.1ミリグラム以上を運搬する際は都道府県公安委員会に届け出が必要だが、4回とも失念していたという。

量や目的などは明らかにしていないが、運搬中の事故や紛失、漏えいはなかったとしている。化血研は「再発防止に向けた取り組みを徹底していく」とのコメントを出した。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00000085-mai-soci