酒気帯び逮捕の奈良・田原本町長にもボーナス約215万円…奈良県職員平均は81万円

公務員の冬のボーナスにあたる期末・勤勉手当が10日、奈良県内で一斉に支給された。教員や警察官を含む県職員1万5422人(平均年齢43.1歳)に対し、総額126億4066万円を支給。1人当たりの平均支給額は81万9651円だった。

県人事委勧告により昨年同期と比べ支給月数が0.075月増加し、1人当たりの平均支給額は1万1302円アップした。

知事以外の県の特別職や県議らの報酬額は、副知事230万5234円▽議長227万3781円▽副議長198万6318円▽議長、副議長以外の議員183万3162万円。

県内12市の市長で最も高かったのは、奈良市の仲川げん市長。一方、財政状況などから特別職の給与減額を定めた各条例により、天理市の並河健市長は昨年5月から20%、大和高田市の吉田誠克市長は16年4月から50%、香芝市の吉田弘明市長は24年8月から50%、それぞれカットとなっている。

一方、今月末で辞職する田原本町の寺田典弘町長にも同日、215万9300円のボーナスが支給された。同町によると、寺田町長から特段連絡はないという。




http://www.sankei.com/west/news/151211/wst1512110026-n1.html