金正恩氏「水爆保有」に言及 / 米との対話狙いか

朝鮮中央通信は10日、北朝鮮の金正恩第1書記が改修された平壌の「平川革命事績地」を視察し、「今日、わが祖国は国の自主権と民族の尊厳を守る自衛の核爆弾、水素爆弾の巨大な爆音をとどろかせることのできる強大な核保有国になることができた」と述べた。

北朝鮮が水爆の開発に成功したことは確認されていない。北朝鮮は10月以来、朝鮮戦争の休戦協定に代わる平和協定の締結に応じるよう米国に重ねて求めており、核開発の進展を示唆して米国を対話に引き出すことを狙っている可能性がある。




http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=561308&nwVt=npd