「白杖SOS」知って ポーズ普及に関係団体が本腰

白い杖(つえ)を体の前に高く掲げ、立ち止まる人がいたら何を意味するか、ご存じだろうか。視覚障害者が助けを求めるポーズで、「白杖(はくじょう)SOSシグナル」と呼ばれる。考案されて四十年近くがたつが、一般に知られておらず、障害者団体は普及に本腰を入れ始めた。九日まで「障害者週間」。 

「いつもと逆の方向に向かったら迷ってしまった。ちょっと困ったな」。七月の夕方、東京都新宿区内。団体職員小川敏一さん(34)=埼玉県富士見市=が白杖を掲げ、歩道に立ち尽くしていた。

生まれつき弱視だった。右目は光を感じる程度。左目は矯正しても視力が0・03で、視野欠損がある。それでも週に五日、福祉器具を販売する新宿区内の職場に一人で通っている。電車を乗り継ぎ、一時間弱の道のりだ。

この日の帰宅時、いつも使う地下鉄が止まっていた。少し離れたJRの駅に向かおうとしたが、慣れない道だったため、自分の位置がわからなくなった。

路地に迷い込み、壁から突き出た看板にぶつかったり、自転車に当たったりすることがよくある。切羽詰まってSOSのポーズを取った。小学生の時以来、二十数年ぶりだった。白杖を握り、拝むように頭上に掲げる。「たぶん、誰も知らないだろうけど…」

一分ほどたっただろうか。大学生風の若い男性に「どうしましたか」と声を掛けられた。「肩を貸してもらえませんか」

男性の助けで横断歩道を渡れた。「声を掛けられるまで、体感的には一分より長く感じた。分かってくれて、ほっとした」

ポーズは一九七七年に福岡県盲人協会が考案した。視覚障害者が街に出始めた時代。当時を知る小西恭博会長(79)は「われわれも助けを求めることに及び腰で、あまり普及しなかった」と振り返る。

日本盲人会連合の二〇一三年の調査では、視覚障害者の50・4%が「ほぼ毎日外出する」と回答し、社会参加の進展でSOSが必要な場面も増える。点字ブロック上の障害物、道路工事…。健常者には何でもないことが、視覚障害者の感覚を狂わせる。日盲連は今年五月にポーズの活用を決議。シンボルマークも定め、十月からは内閣府のホームページで紹介されるようになった。

日盲連の鈴木孝幸副会長(59)は「近年は歩きスマホの人がぶつかったり、その結果、白杖が折れるトラブルも起きている」と、社会の無関心を懸念する。「欧米やアジアでは、普段から健常者に声を掛けてもらうケースが多い。日本でも、私たちのことを気にかけてもらえれば」




http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201512/CK2015120802000118.html