「Dr.コトー」一転続投へ / 鹿児島の離島医師、住民が嘆願

人気漫画「Dr.コトー診療所」のモデルとなった鹿児島県薩摩川内市・下甑島(人口約2400人)の瀬戸上健二郎医師(74)が、来年度以降も下甑手打診療所長として続投する見通しになったことが4日、分かった。本年度末で退任予定だったが、続投を求める要望書が島民から寄せられ、市は雇用を継続できる方法を模索してきた。

市は、瀬戸上医師の退任に伴って島内3カ所の診療所を1カ所に集約する方針だったが、医療体制に不安を感じる住民も多く、市長宛てに約850人の署名を添えた要望書や、嘆願書が提出され、市議会にも陳情書が寄せられた。




http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=560407&nwVt=npd