巨人の菅野、基金設立…介助犬協会へ支援金

巨人の菅野は3日、東京都内で記者会見を開き、社会貢献活動を目的とする「菅野基金」を設立したと発表した。

活動の第1弾として、日本介助犬協会(横浜市)へ支援金を贈呈した。

支援金は介助犬の育成や普及に役立ててもらうためで、菅野は「世間の認知度が非常に低く、実働が74頭と少ない現状を知り、支援することを決めた」と語った。会見を見守った伯父の原前監督も趣旨に賛同し、協会に寄付をしたという。

基金は、菅野自身の勝利数や奪三振数などを目安に積み上げ、今後も支援活動に活用していく。




http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/20151203-OYT1T50159.html?from=ytop_ylist4