奥羽線、普通列車がホーム通過 JR運転士、新幹線と思い込む

3日午前10時20分ごろ、山形県上山市のJR奥羽線茂吉記念館前駅で、米沢発山形行き普通列車がホームを約100メートル通り過ぎて停止した。30代の男性運転士は「新幹線を運転していると思い込み、停車駅であることを忘れていた」と話しているという。乗客約70人にけがはなかった。

JR東日本山形支店によると、運転士はホームに待っている客がいるのを見て、停車駅であることに気付き、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。列車は茂吉記念館前駅には戻らないまま、10分遅れで運転を再開。同駅では2人が乗車予定だった。




http://www.minyu-net.com/newspack/KD2015120301001238.php