山手線、運転席に多数の故障表示 新型車両、JR東が原因調査

JR東日本は1日、JR山手線で11月30日に営業運転を始めたばかりの新型車両E235系が大塚駅(東京都豊島区)で本来の位置より手前で停止した際、運転席のモニターに多くの故障表示が出たことを明らかにした。1日はこの車両の運転を見合わせ、東京総合車両センター(品川区)で原因調査を進めた。

運転を始めていたのは量産先行車1編成だけで、山手線のダイヤに影響はない。2日は調査の上で判断する。

JR東によると、30日午後10時50分ごろ、大塚駅に到着する際、運転士が自動ブレーキのかかり具合が緩いと感じたため手動で停止させたが、多数の故障表示が出たという。




http://www.47news.jp/CN/201512/CN2015120101001057.html