このままでいいの?子どもの防犯対策をしている家庭はわずか●%…

子どもは小学校に入学すると、登下校などで一人になる時間が増えますよね。

子どもを狙った犯罪は路上や駐車場で多発しているというデータもあり、親や教師の目が届かない下校時などは、子ども自身にも注意を呼びかけることが必要です。

そこで今回は、「子どもの防犯対策」について主婦100人にアンケートをとってみました。

子どもに防犯対策(携帯電話、防犯ブザーなど)をしていますか?
YES    48人
NO     52人
­
意外にも、半数以上の人が「防犯対策をしていない」と答えました。

子どもに対する防犯は必要だと思っていても、具体的にどんな防犯をしていいかわからない家庭が多いようです。

入学時に学校が防犯ブザーを配布したり、ランドセルなどにブザーが同梱される場合もありますが、まだまだ半数以上の人が「対策ナシ」というのが実情のようです。

お子さんが危険な目に遭遇してしまったことはありますか?

・「娘が7歳のとき、学校の帰り道で男の人に変なことを言われ、わざと家と反対方向に走って遠回りして帰宅しました。住所がわからないように彼女なりに考えたらしい」
­
・「息子が小学校の1年生のとき、下校時に不審な中年男性がいきなり殴りかかってきたとかで、他にも同様の被害が相次いでいたことから、学校側が集団下校に切り替えました」
­
・「子どもが小学生のときに、変な人が車でウロウロしていて、子どもたちに声をかけていました。集団下校で対応しました」
­
・「娘が学校帰りに、すれ違いざまに胸を触られたことがあります。学校と警察に報告しましたが、結局犯人はわからないままでした」
­
小さいときの迷子話などは笑い話になりますが、100人のうち数人のご家庭でお子さんが不審者などに遭遇した体験をしています。

重大な事件はめったにないものの、学校の帰りにあとをつけられた、変な車がウロウロしていたなどの「ヒヤリ」体験は意外に多いものです。

近隣に不審者が出たときなどは学校でも対応してくれますが、日ごろからお子さんにも「見通しの悪い公園などに一人で立ち寄らない」「エレベーターに知らない人とは乗らない」「後をつけてくる車に注意する」などを言い聞かせておくことが大切です。
­
また、小学校入学と同時に防犯ブザーなどを携帯させることも大事です。

防犯ブザーの選び方は、音が大きいもの(できれば100dB以上)、ぶらさげるタイプではなくランドセルにしっかりつけられるもの、抜いたピンを子どもがなくしてしまわないようにピンが抜けきらないものか、ボタンタイプのものを選ぶこと、がポイントのようです。
­
そして保護者が、自治体や学校の防犯メールなどを受信できるようにしておきましょう。

暗くなるのが早いこの季節、下校時には一層の注意が必要ですので、いま一度親子で防犯について話し合ってみてはいかがでしょうか?




http://news.goo.ne.jp/article/kurashinista/life/kurashinista-20151126_1000000939.html