漢方薬の原料、国内調達に各社注力 中国産の価格高騰で

ツムラなど漢方薬をつくる各社が、原料となる生薬の国内での調達を増やそうと動いている。漢方薬が見直され、国内の需要は伸びているが、生薬は約8割を中国産に頼っており、価格も高騰しているためだ。

医療用の漢方薬で約85%のシェアを持つツムラは27日、北海道夕張市の工場で新たに動かし始めた設備を報道陣らに公開した。生薬についた土や石などの不純物を機械や人の手で取り除く選別工程を新設したほか、生薬の保管能力を約2倍の約2千トン分に広げたという。

同社は北海道を国内調達の約半分の量をまかなう重要拠点に位置づける。今年に入り、自社農場の栽培面積を60ヘクタールから約150ヘクタールに拡大した。今後も契約農家などを増やし、2014年時点の栽培面積250ヘクタール、生産量710トンを、20年ごろを目標にそれぞれ1千ヘクタール、2千トンに伸ばす方針。

杉田亨専務は「(拡張で)工場の基盤は整ったが緒に就いたばかり。生産者と協力して生薬の生産拡大に励む」と話した。生産品目もいまの10から28に増やす方向で試験栽培中。全調達量に占める国内比率を20年以降、いまの約15%から20〜25%に上げる方向だ。

医師の処方箋(せん)なしに買える一般医薬品(OTC)で漢方薬シリーズを売るロート製薬も今秋、奈良県宇陀市で生薬の試験栽培を始めた。小林製薬はOTCで使う生薬の栽培技術の開発で農家に協力する。化学最大手の三菱ケミカルホールディングスは7月、最も使用量が多い生薬のカンゾウを国内で量産する技術にメドをつけたと発表した。




http://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/ASHCV6SFFHCVULFA041.html