<電気事業連合会>使用済み核燃料の貯蔵容量3割増を計画

電気事業連合会は20日、全国の原発で出る使用済み核燃料を中間貯蔵する施設の容量を、原発を持つ10事業者全体で2030年までに約3割増やす計画を経済産業省に提出した。現在、大半の使用済み核燃料は原発のプールで貯蔵されているが、今後は金属容器に入れて空冷する「乾式貯蔵施設」の建設を進める方針を示した。

国内の原発の貯蔵容量は現在約2万700トン。約7割の約1万4700トンが既に埋まっている。計画では、20年までに容量を約4000トン増やす。具体的にはプール内の燃料棒の間隔を詰め、入れられる本数を増やす対策や、東京電力と日本原電が出資して青森県むつ市で建設中の「リサイクル燃料備蓄センター」への搬出が柱。さらに乾式貯蔵の検討も進め、30年までに約2000トン増やすという。

国内には約1万770トンの使用済み核燃料があり、全量を日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)に運び込む計画だが、工場は運転のめどが立っていない。同工場内のプール(3000トン)は既にほぼ満杯で、今後原発再稼働が進むと容量は不足する。




http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20151121k0000m020159000c.html