南シナ海人工島、施設建設を続行 中国「埋め立て完了」

中国外務省の劉振民次官は17日、中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で進めた埋め立て工事が「6月30日に完了した」とし、埋め立てた人工島で病院や海洋科学研究施設、漁業管理施設などの建設を続ける方針を明らかにした。

今週、マレーシアで始まる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議に関する記者会見で質問に答えた。ロイター通信などによると、劉氏は人工島で建設する施設は駐留する人員や海難救助などのための民用施設が中心だとし、「軍事化の問題は全く存在しない」と強調。滑走路は「軍民両用だ」とした。

劉氏は中国が南沙諸島で実効支配している岩礁は七つあり、昨年から「拡張工事」をしたと説明した。「42の岩礁は周辺3カ国に不法に占拠されている」との認識を示し、「中国には周辺国に占拠された岩礁を取り戻す権利と能力があるが、最大限の抑制をしている」と述べた。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000004-asahi-int