教諭が特別支援学級の生徒殴る 名古屋市立中

名古屋市千種区の市立中学校で10月下旬、50代の男性教諭が特別支援学級の男子生徒の頭を殴り、軽傷を負わせていたことが17日、分かった。市教育委員会は、体罰があったとして、調査した上で、教諭の処分を検討する。

市教委によると、生徒側が被害届を出し、愛知県警が捜査。

男性教諭は特別支援学級を受け持っており「生徒が授業に遅れ、落ち着きを欠いたので、指導として行った」と暴力行為を認めている。11月9日から自宅療養を理由に学校を休んでいるという。

10月21日午後、数学の授業の開始直後に、教諭が男子生徒の頭を数回、拳で殴った。




http://www.at-s.com/news/article/social/national/171328.html