北朝鮮が航行禁止区域設定 ミサイル準備か、韓国警戒

韓国政府筋は15日、北朝鮮が今月11日から12月7日まで、東部元山沖合の日本海の広い範囲に航行禁止区域を設定していると明らかにした。弾道ミサイルを発射する可能性があるとみて、韓国が警戒を強めている。聯合ニュースが報じた。

ただ同筋は、北朝鮮は8月に韓国と緊張が高まった後、毎月日本海に航行禁止区域を設定し多連装ロケット砲などを海岸部に展開する訓練を行ってきたが、発射はしていないとも指摘した。

別の消息筋は、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験が行われる可能性も排除できないとしている。




http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015111501001193.html