11のフードバンク 思いは一つ 全国組織が発足

貧困問題の解決に結び付けようと、生活困窮者に食料を届ける全国組織「全国フードバンク推進協議会」が十三日、発足した。同日夜には東京都内でシンポジウムもあり、代表に就いたNPO法人フードバンク山梨(山梨県南アルプス市)の米山けい子理事長(62)は「欧米では行政も積極的だが、日本ではコンクリートの上に花の種をまいているような状況。皆で力を合わせ、取り組みを広げたい」とあいさつした。

協議会は十一県のNPO法人やボランティア団体などで結成。首都圏からは、フードバンク茨城(茨城県牛久市)、フードバンク北関東(群馬県館林市)、フードバンクかわさき(川崎市)が参加した。今後は国への政策提言や他団体との調査研究、情報交換などを担う。

シンポジウムでは、社会活動家の湯浅誠さん(法政大教授)、関係省庁の担当者らが登壇。子ども貧困対策を担う内閣府の担当者は「協議会の発足は、子どもの貧困に目を向けていただく大きな一歩。力を結集していきたい」と語った。

フードバンク活動は米国で一九六〇年代に始まり、欧米では食料の寄付者に税制優遇措置があるなど社会で後押しする態勢が整っている。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015111402000119.html