神戸山口組の若頭を略式起訴

自動車登録の際に使用者を偽って申請したとして、県警に電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕された、指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組の有力団体・侠友会(淡路市)の寺岡修会長(66)について、明石区検は11日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で略式起訴した。

捜査関係者によると、寺岡会長は神戸山口組内で「若頭」と呼ばれる最高幹部の一人。平成24年9月、県内の自動車販売店から乗用車を購入する際、使用者の名前と住所を40代の男と偽って登録を申請し、国交省自動車局に虚偽登録させたとして、10月に逮捕されていた。




http://www.sankei.com/west/news/151112/wst1511120019-n1.html