日本マクドナルド、最終赤字が上場以降最大の292億円に 1~9月連結決算

不振にあえぐ外食チェーンの日本マクドナルドホールディングスとワタミは11日、決算を発表した。使用期限切れの鶏肉や異物混入問題と、「ブラック企業」批判などが業績に直撃し、ともに営業、経常、最終の各損益段階で赤字となる厳しい決算となった。

日本マクドナルドホールディングスの平成27年1~9月期連結決算は、最終損益が292億円の赤字(前年同期は75億円の赤字)だった。1~9月期の赤字額としては13年の上場以降では最大。同期間の既存店売上高は前年同期比20・2%減。昨年7月の使用期限切れ鶏肉問題と今年1月の異物混入問題の発覚で家族連れを中心に客離れが進んだことが響いた。

売上高は20・1%減の1375億円。営業損益は207億円の赤字(前年同期は2億円の黒字)、経常損益は223億円の赤字(同5億円の赤字)だった。

ただ、明るい兆しも見えつつある。1~3月期に32・3%減だった既存店売上高が7~9月期には4・0%減とマイナス幅が縮小した。同日、東京都内で会見した増田雄高・財務本部上席部長は「(環境は)全体的に厳しいが、ビジネスは回復基調にある」と話した。27年12月期の業績予想は、売上高が前期比10.0%減の2000億円、最終損益が380億円の赤字(前期は218億円の赤字)に据え置いた。

一方、ワタミの平成27年9月中間連結決算は、売上高が10・3%減の696億円、最終損益は20億円の赤字。赤字幅は前年同期の41億円から縮小した。期中に不採算店66店を閉鎖するなどコスト改善効果はあったものの、売上高や来客数は伸び悩んだことが響いた。

28年3月期連結業績見通しは、介護事業の子会社を損保ジャパン日本興亜ホールディングスに210億円で売却した売却益を計上することで最終損益は130億円の黒字(前期は128億円の赤字)へ上方修正した。

同日、会見した清水邦晃社長は介護事業の売却に触れ、「介護事業は非常に思い入れもあり、(売却は)個人的に非常に残念な結果だが、これからは食中心のビジネスに集中する」と強調した。

主力の国内外食事業の店舗リストラについて、追加リストラは行わず、訪日外国人客への対応を強化する。また、全体の約3割の店舗で地元で仕入れた食材を使用する地域密着型や専門メニューに特化した新業態店へ転換する方針を明らかにした。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000554-san-bus_all