子供の安全守る児相で保護児童の胸ぐらつかみ「反省しろ」 職員処分 和歌山

和歌山県子ども・女性・障害者相談センター(児童相談所)=和歌山市=で一時保護児童を指導する主査が、保護中の小学生2人の胸ぐらをつかむ行為をしていたことが11日、分かった。2人にけがはなかった。県は7月、暴行に当たるとして訓告処分にした。

取材によると、主査は5月、運動中に指導に従わなかった小学5年女児(10)に「反省しろ」と言って胸ぐらをつかんだ。6月には教室で他の児童の席に勝手に座り、注意を受けた小学6年男児(11)がその後も注意を真剣に聞かなかったとして胸ぐらをつかんだ。

男児への行為を他の職員が目撃し発覚、主査への聞き取りで女児の件も明らかに。主査は「認識が甘かった」と話したという。

センターは「子供の安全や安心を守る機関で、このような行為が起きたことを重く受け止め、職員の指導を徹底する」としている。




http://www.sankei.com/west/news/151111/wst1511110034-n1.html