昆虫発酵調味料イナゴソースいかが 和歌山・いなか伝承社の田中さん販売

イナゴを原料に使用した昆虫発酵調味料「イナゴソース」が発売された。紀の川市の田中寛人さん(33)が湯浅町のしょうゆ職人のアドバイスをもとに製造。田中さんが運営する地域活性化支援団体「いなか伝承社」のホームページから購入することができ、1号(醤油麹(しょうゆこうじ))と2号(米麹)の2本セット(1本あたり100ミリリットル)で5400円(税込み)。田中さんは「甘さと深さのある味を楽しんでほしい」と話している。

田中さんは、和歌山の伝統的なしょうゆ作りの技法を使った「昆虫ソース」を製作することで、しょうゆ発祥の地、和歌山をPRしようと計画。大豆の代わりに「イナゴ」を使ったソース作りを始めた。

昨年12月からしょうゆ職人にアドバイスをもらいながら醸造し始め、試行錯誤を経て、今年10月上旬に完成した。

「イナゴソース」の名前の1号、2号は、バッタをモチーフにしたヒーロー「仮面ライダー1号・2号」にあやかって名付けた。イナゴのマークが入った手作りのラベルも一つ一つ貼り付け、手作業で瓶詰めされている。

ソースは卵かけご飯や刺し身に合うといい、「刺し身は白身のような淡泊なものと一緒に食べると口の中に甘いソースの風味が香る」という。田中さんは「イナゴソースはまだ使い方が未知数。相性の良い食材などいろいろ試してみてほしい」と話している。

販売の受け付けは「いなか伝承社」のホームページ(http://www.inakadss.org/)で。問い合わせは同団体(電)090・7486・1139へ。




http://news.goo.ne.jp/article/sankei/region/sankei-rgn1511100028.html