ローソンが来月から電子マネー「ワオン」導入 セブンに対抗

コンビニ2位のローソンが、流通大手イオンが手掛ける電子マネー「WAON(ワオン)」を導入することが9日、分かった。国内の約1万2000店全てが対象で、12月15日から店頭で決済や現金チャージ(入金)の対応を始める。

イオンによると、ワオンは年間決済額が電子マネー市場の半分近くを占める最大手。2014年度は1兆9300億円だったが、今回の提携で利用環境が広がり、15年度は2兆円の大台を突破する見通しだ。

ワオンは買い物で支払った額に応じてポイントがたまり、商品の値引きに使える。イオン傘下のスーパーをよく利用する主婦らを中心に、カード累計発行数は9月末で約5260万枚に上る。

ローソンはこうした客層を呼び込み、1店舗当たりの1日の売上高で首位を独走するセブン-イレブン・ジャパンとの差を縮めたい考えだ。ローソンは、常連客を増やすため、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」の普及に力を入れている。ポンタ会員カードをレジで提示し、ワオンで決済すれば、両方のポイントがたまる利点があり、相乗効果が見込めると判断した。




http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201511/CK2015111002000127.html