横浜で猫の不審死相次ぐ 動物愛護法違反容疑で捜査

横浜市中区や都筑区で5月以降、猫の不審死が相次いでいることが10日、神奈川県警や動物愛護団体への取材で分かった。県警は動物愛護法違反容疑で調べている。

山手署によると、中区で8~10月、地域住民が餌付けや不妊手術の世話をしている「地域猫」8匹が、路上や住宅の敷地などで死んでいるのが見つかった。猫が死ぬ直前、けいれんや吐血、嘔吐しているのを住民が目撃しており、署は薬物が使用された可能性もあるとみて調べている。

一方、都筑署によると、都筑区の公園で5~6月、子猫とみられる頭部や足があるとの連絡が2件あった。




http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015111001001100.html