「突然、体当たりされた」漁場の平穏破る中国船 妨害行為エスカレート

「右方向に現れた中国船に突然、体当たりされた」。ベトナム中部クアンガイ省の沖合約26キロ、南シナ海に浮かぶリーソン島の漁港で、漁師のグエン・チ・タインさん(31)が険しい表情で話す。木造船に残る修理の跡が生々しい。周囲には「金星紅旗(きんせいこうき)」のベトナム国旗を揚げる漁船が所狭しと停泊していた。

人口2万2000人、総面積約10平方キロ。島民の多くは漁業を生業にしている。今、平穏なはずの島が緊張に包まれている。漁場がベトナムなどの周辺国と、中国が領有権を争うパラセル(中国名・西沙)諸島とスプラトリー(同・南沙)諸島に近いからだ。

近年、中国はこの海域で人工島の建設や石油の採掘を活発化、影響力を強めている。

ベトナム漁船への妨害行為もエスカレート。昨年5月にはパラセル諸島近海でベトナム船が衝突され沈没したが、中国外務省は「ベトナム漁船がぶつかってきた」と非難した。

漁師歴33年のズオン・ミン・タインさん(61)は今年9月下旬、恐怖の体験をした。「中国海警局の艦船など6隻に囲まれ衝突。自分の船の2倍以上は大きかった」。また、「中国船に曳光(えいこう)弾を撃ち込まれたり、洋上で乗り込まれGPS受信機や漁具を壊されたりした仲間もいる」とも訴えた。




http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151109/mcb1511091223004-n1.htm