北朝鮮元帥の国葬、葬儀委員に崔竜海氏の名なし

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金日成キムイルソン主席とともに抗日パルチザンとして戦った李乙雪リウルソル元帥が7日、肺がんで死去した。

94歳だった。

金正恩キムジョンウン第1書記を委員長とする国葬が11日に行われる。公表された葬儀委員の一覧に金第1書記の側近とされる崔竜海チェリョンヘ党書記の名前がなく、専門家らは解任された可能性があるとして注目している。

崔氏の父親の崔賢氏は、李氏とともに戦ったパルチザン第1世代。韓国・世宗研究所の鄭成長チョンソンジャン統一戦略研究室長は、葬儀委員に崔氏の名前がないことについて、「解任されない限りあり得ない。大きな不正や不敬罪などに巻き込まれた可能性も推定される」と指摘した。




http://www.yomiuri.co.jp/world/20151109-OYT1T50055.html?from=ytop_main1