除染事業、潜む「トンネル会社」

東京電力福島第1原発事故をめぐる福島県楢葉町での除染事業に、下北地方を中心とした業者が労働者を違法に派遣した事件によって、業者による悪質な日当の中抜き(ピンハネ)が表面化した。

一方で、複雑に連なる多重下請けでは、下層の業者が工事代金を受け取れないケースもあるという。

福島市で「除染労働者110番」を運営する福島県労連労働相談センターの小川英雄副所長(66)は、除染作業が深刻な人手不足に陥る中で、「工事費のピンハネだけを狙った『トンネル会社』が入り込んでいることが原因」と指摘している。




http://news.goo.ne.jp/article/toon/region/toon-33667879.html