ソーセージやハム、食べていいの? 独り歩きする「加工肉50グラムでがんリスク」 生産大国猛反発…WHOは火消し

世界保健機関(WHO)の専門組織が、ソーセージやハムなどの加工肉の摂取と大腸がんとの関連を公表したことが波紋を呼んでいる。主に海外で消費者の不安が拡大し、関係団体の反発も背景にWHOが“火消し”に走る事態となった。国内で消費への影響は出ていないが、専門家は「数字が独り歩きし過ぎている」と分析する。

WHOの専門組織、国際がん研究機関(IARC)が先月、公表した研究結果では、加工肉は発がん性につながる物質が加工段階で生成されると指摘。1日50グラム摂取すると、大腸がんのリスクが18%増加すると指摘した。発がん性の評価は5段階中、喫煙やアスベストと同じ最も高いレベル。赤身肉でも発がん性の恐れがあると結論付けた。

50グラムはソーセージなら2~3本、ハムでも3~4枚程度だ。これに対し各国の関係者が反発。海外メディアによると「データを歪曲(わいきょく)している」(北米食肉協会)、「怖がることはない」(ドイツ農相)、「笑いぐさ」(オーストラリア農相)など、主に加工肉の生産大国で批判が続出した。韓国では、スーパーでの加工肉売り上げが約2割も落ち込んだという。

このため、WHOは後日、改めて「加工肉を食べないよう要請するものではない」とする声明を出し、沈静化を図るという異例の展開をたどっている。

一方、国内の消費者は冷静に受け止めている。業界団体「日本ハム・ソーセージ工業協同組合」によると、国内では現在のところ買い控えなどの影響は出ていないという。ただ、組合幹部は「因果関係など十分な説明もない中、培ってきた信頼を揺るがしかねない。お歳暮時期を前に水を差してほしくない」と警戒感を強める。

国内団体が「安全」の根拠とするのが、国立がん研究センターが平成23年に公表した調査結果だ。約8万人を10年以上にわたり追跡した調査では、牛や豚の肉を1日80グラム以上食べるグループでは、25グラム未満のグループと比べ女性で結腸がんのリスクが高かった。一方、加工肉では摂取量と発がん性の関連は見られなかったと結論付けている。

その後、複数の調査を踏まえた最新評価(今年8月)でも、赤身肉や加工肉と大腸がんの関連は、4段階中下から2番目の「可能性あり」にとどめており、IARCの結論と異なる。

両者の差異について、調査を行ったがんセンターの笹月静予防研究部長は「数字が独り歩きし過ぎている。『50グラム』は忘れてもよい数字だ」と強調する。

笹月部長によると、IARCによる研究は発がん性の有無そのものを調べることに主眼を置き、評価の分類は発がん性の強さを示すものではないという。「50グラムごとに18%のリスク」も、摂取量と発がん性が正比例すると仮定した場合の数字にすぎず、「個人の摂取量をリスクの目安とするのは間違った使われ方」と指摘する。

内閣府食品安全委員会も「毒性の強さや食べる量はあまり考慮されていない」とし、IARCの研究結果だけで「リスクが高い」と捉えることは適切でないとの見方を示した。

厚生労働省によると、日本人の1日平均摂取量は赤身肉50グラム、加工肉13グラムと世界的にみても少ない。笹月部長は「肉類にはタンパク質やビタミンなど健康維持に有効な成分も含まれ、摂取しないことの弊害もある。平均的な摂取量なら影響はないか、あっても小さい。一つの疾病にとらわれ過ぎず、バランスをとることが大切だ」と話した。

世界保健機関(WHO)

「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として、1948年に世界保健憲章に基づいて設立された国際連合の専門機関。本部はスイス・ジュネーブ。世界中の人々の健康を守るため、加盟国間での医学情報の調整や感染症の撲滅、保健分野の研究促進などを行っている。現在の加盟国は194カ国で、日本は1951年5月に加盟した。




http://www.sankei.com/premium/news/151109/prm1511090008-n1.html