同志社大学長に松岡敬氏 / 安保法賛成の村田氏破る

同志社大(京都市上京区)は6日、任期満了に伴う学長選を実施し、理工学部の松岡敬教授(60)が選出されたと発表した。教職員の投票で村田晃嗣学長(51)を破った。任期は2016年4月から4年間。

村田氏は今年7月、衆院平和安全法制特別委員会が開いた安全保障関連法案の中央公聴会に与党推薦で出席、賛成意見を述べた。これに対し、松岡氏を含む同志社大教職員有志が村田氏を批判する声明を出していた。

松岡氏は奈良県桜井市出身で1979年同志社大卒。専門は材料力学。

投票できるのは教職員約930人。大学は実際に投票した人の数や、松岡、村田両氏の得票数を明らかにしていない。




http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=555675&nwVt=npd