自動運転実験車、公道で事故=民放リポーター乗車、けがなし―愛知

名古屋大学が開発中の自動運転の実験車が10月、名古屋市内の公道で自損事故を起こしていたことが4日、愛知県への取材で分かった。

自動運転技術開発事業を所管する県産業振興課によると、運転席に名古屋テレビ放送のリポーターが乗っていたが、大学が事前に提出した計画書では研究者が乗ることになっていた。リポーターを含め乗っていた4人にけがはなかったが、同課は大学に再発防止を求めた。

産業振興課によると、事故は10月22日に発生。名古屋市内で道路を左折する際、縁石に左前輪をこすりパンクした。実験車は市販のトヨタ・プリウスに自動運転機能を搭載、ハンドルやブレーキペダルなども運転席から操作できるようになっていた。同課は研究者以外の人間が運転席にいたため、ハンドルやブレーキの操作が遅れた可能性があるとみている。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-00000169-jij-soci