はやり目の流行拡大 勢い衰えず、冬に向け警戒を

はやり目と呼ばれる流行性角結膜炎の流行が例年よりも拡大していることが4日、国立感染症研究所の調査で分かった。例年であれば患者が減る秋になっても流行が続き、勢いが衰えないまま患者が増える冬場に突入する恐れがあり、専門家は注意を呼び掛けている。

感染研のまとめによると、今年は8月中旬ごろから全国の定点医療機関からの報告が急増。最新データの10月19〜25日の1週間の速報値では1医療機関当たりの患者数が全国平均で0・95人と、過去10年間で最多だった2005年同期の0・92人を上回った。都道府県別では、宮崎(5・50人)、鳥取(4・33人)など西日本で多い。




http://www.at-s.com/news/article/health/national/167587.html