米が再進入なら「必要措置」 中国軍幹部、主権と権益を主張

3日の中国紙、中国青年報(電子版)によると、中国人民解放軍の乙暁光副総参謀長は2日、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島の人工島周辺に米軍艦が再度進入した場合は「一切の必要な措置を取り、国家主権と海洋権益を守る」と述べた。

軍事的な対抗措置を辞さない姿勢を示したとみられる。2日行われた国際会議の質疑で答えた。

乙氏は、南沙諸島で中国が「領海」と主張する人工島周辺12カイリ(約22キロ)内を米海軍のイージス駆逐艦が航行したことを「不測の事態が起きかねない極めて危険な行為」と非難。「米軍の行動は、法を守らないものだ」と決めつけた。




http://www.minyu-net.com/newspack/KD2015110301001348.php