山健組傘下の5人逮捕、計16人に 千種区のトラブル

指定暴力団山口組と、離脱した神戸山口組の系列組関係者同士が名古屋市千種区内でトラブルとなった事件で、愛知県警は25日、凶器を持って組事務所に集まったとして凶器準備集合の疑いで、新たに神戸山口組の主要団体・山健組の傘下組織組長鈴木元治(44)=名古屋市港区=ら5人を逮捕した。一連の事件での逮捕者は計16人となった。

逮捕容疑では、他の暴力団関係者ら数人と共謀し、18日午前0時ごろから3時ごろまでの間、相手に危害を加える目的で、千種区の自分たちの組事務所に金属バットなどの凶器を準備して集合したとされる。5人とも黙秘している。

県警が逮捕状を取って行方を追っていたところ、25日、相次いで千種署に出頭してきたという。

県警は山健組傘下組織については、別の組長らを含む計4人を、山口組の中核団体・弘道会の傘下組織組長(45)を殴ってけがを負わせた傷害容疑などで逮捕済み。弘道会傘下組織の有力組長ら7人についても、傷害事件の直前、山健組傘下の組事務所のインターホンを壊したとして暴力行為法違反(器物損壊)の疑いで逮捕している。




http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015102590221604.html