辺野古移設めぐる寄付、委員に聴取 防衛省

中谷元・防衛相は22日、沖縄県の米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の辺野古への移設計画をめぐり、国の工事を環境面から監視する専門家委員会の委員が移設関連事業の受注業者から寄付金を受けていた問題について「疑念を抱かれないよう委員本人に確認している」と聞き取り調査を行っていることを明らかにした。訪問先の韓国で記者団に語った。

中谷氏は「(聴取の)結果も踏まえて丁寧に説明するなどして、対策を講じたい」と述べた。ただ、調査結果を公表するかどうかは明らかにしなかった。辺野古への移設作業に与える影響について、中谷氏は「(委員会は)公平、中立的な立場で公正に運営されていた。影響があるとは考えていない」と強調した。




http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASHBQ3GMMHBQUTFK005.html