森山農相が献金を返還 違約金減額を考慮

森山裕農相が代表を務める自民党鹿児島県第5選挙区支部が、談合で指名停止措置を受けた複数の業者から献金を受けていたことをめぐり、同氏の事務所は20日、指名停止となった2010年11月以降に受け取った献金を返したと明らかにした。業者側が談合による契約違反の違約金を県から減額されていたことを確認したためとしている。

政治資金収支報告書によると、同支部は、鹿児県発注の海上工事の談合に絡んで指名停止となった複数の業者から、11年以降の3年間で690万円余りの献金を受け取っていた。




http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102001002367.html