山口組執行部の組長ら3人逮捕 会社虚偽登記容疑で兵庫県警

経営するつもりのない会社を法人登記したとして、兵庫県警暴力団対策課と生田署は20日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、指定暴力団山口組直系団体「健心会」(大阪市浪速区)の組長、江口健治容疑者(62)ら3人を逮捕した。

県警によると、江口容疑者は執行部ポストの「若頭補佐」を務める一人。山口組が分裂して以降、同組執行部メンバーが逮捕されたのは全国で初めて。

他の逮捕者は、いずれも住所不詳で、健心会組員の坂本浩二容疑者(46)と小林茂容疑者(53)。3人の逮捕容疑は共謀し2011年3月、経営する予定のないリフォーム会社の設立を大阪法務局に届け出て、虚偽の法人登記をした疑い。役員には組員を充てていたという。県警は3人の認否を明らかにしていない。

県警によると、登記簿上の本店は健心会の組事務所に置かれていた。組事務所に使われる物件の取引などを禁じる大阪府暴力団排除条例が登記直前の11年4月に施行されており、県警は江口容疑者らが規制逃れのために会社を装った可能性があるとみて調べる。




http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201510/0008497365.shtml