気管支喘息 新タイプの加熱治療登場で減ステロイドへ〈週刊朝日〉

気管支が炎症を起こし、呼吸が苦しくなる気管支喘息。そのなかでも、吸入ステロイド薬の使用を最大量まで増やし補助薬を使っても発作が起こってしまうのが、重症の気管支喘息だ。その治療に対し、新たな補助薬や治療法が健康保険の適用となった。

重症喘息には経口ステロイド薬が処方されることもある。しかし、ステロイド薬を全身に長期に使い続けると、皮膚症状や肥満など、さまざまな副作用が出るおそれがあり、女性の場合は、妊娠や出産への影響も不安材料である。

東京都に住む山本香苗さん(仮名・31歳)はそんな不安を抱える一人。子どものころからの重症喘息で、ステロイド薬を使っても発作を抑えきれずに入退院を繰り返した。ステロイド薬の副作用と思われる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などの診断も受けていた。

現住所に転居したのを機に国立病院機構東京病院を紹介され、2年ほど前から通院している。初めて、同院喘息・アレルギーセンター医長の大島信治医師の診察を受けた際には、「ステロイドを減らしたい」と訴えた。

大島医師はステロイド薬に替えて、抗IgE抗体治療を導入した。これで発作の頻度は減り、ステロイド薬をやめることができた。しかし、それでも1カ月に1回ほど、軽い発作による定期外受診を必要とした。

そこで、大島医師は病状のさらなる安定化のために、「気管支サーモプラスティ(BT)」による治療も選択肢であることを伝え、山本さんも受け入れた。

BTは「薬」ではなく、「気管支の加熱」というまったく新しいタイプの喘息治療である。18歳以上の重症喘息患者を対象に、15年4月に健康保険の適用となった。喘息の基本的な治療である吸入ステロイド薬の使用は継続することが条件。

「喘息患者さんの気管支内部の筋肉(平滑筋)は、アレルギー反応で肥大化しており、これが気管支の内部を狭くして発作や息苦しさの原因となっています。BTは、内視鏡(気管支鏡)を使い気管支壁を温めることで肥大化した平滑筋量を減らし、気管支の空気の通りをよくしようという治療です」(大島医師)

治療は3回に分けて実施される。最初は右肺の下部、2回目に左肺の下部、3回目が左右の肺の上部だ。各回の治療は3週間以上間をあけることになっている。

BTの治療を受ける場合、治療3日前からステロイド薬を服用する。加熱による刺激で気管支壁(粘膜)がむくみ、喘息発作が出やすくなるのを抑えるためだ。治療に伴うこの気管支粘膜のむくみは、1週間ほどで解消するという。

全身麻酔で実施する施設もあるが、同院では気管支鏡を使用する前に、のどに局所麻酔をかけ、実際の処置の際には鎮静剤で意識がぼんやりした状態にして実施する。

一人の医師が口から気管支鏡を気道に挿入し、目標とする気管支近くまで気管支鏡先端を到達させる。先端からカテーテルを目標気管支に到達させ、そこで、もう一人の医師が、カテーテルに付いた電極を広げて気管支壁に当て、65度で10秒ずつ通電して加熱。決められた肺のエリア内で、気管支鏡をできるだけきめ細かく移動させて、通電・加熱を40~60回繰り返し、約1時間で終了する。

同院の場合、患者は各回の治療の前日に入院し、通常は治療翌日に退院となる。

BTの実施施設はまだ少なく、同院のほか、近畿大学病院や国立国際医療研究センター病院など全国で13施設(15年9月末現在)。大島医師のもとでは、9月中旬時点で4人が3回の治療を終了し、1人が治療中、という段階だ。

「BTの評価には、一定期間の観察が必要ですが、今のところ、どの患者さんも、発作で緊急受診する頻度は明らかに減っています。このようなBTの効果は、少なくとも5年は維持されることが米国の研究で明らかにされています」(同)

山本さんは3回の治療終了後、発作で緊急受診することはなくなった。今後、抗IgE抗体治療もやめることが検討され、普段の表情も明るくなってきた。

「BTにより、強い薬を減らしたり、やめたりすることができれば、その副作用への不安や、長期的には経済的な負担の軽減にもつながっていくでしょう」(同)




http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151020-00000002-sasahi-hlth