中国のガス田開発に抗議へ…来月、日中海洋協議

日中両政府は、中国による東シナ海のガス田開発問題などを話し合う「高級事務レベル海洋協議」の第4回会合を11月にも北京で行う方向で調整に入った。

日本政府は7月、中国がガス田開発のため日中中間線付近に増設した海上施設の写真を公表し懸念を示したが、それ以降は初の協議となる。日本側は中国の開発継続に抗議する方針だ。

中国はこれまでに計16基の海上施設を建設し、このうち8基でガス生産を示す炎が上がっていることが自衛隊機で確認された。日本は、中間線に最も近く、地下構造が中間線をまたいでいる可能性の高い海上施設「第3基」を特に問題視している。海洋協議では、中国側の海上施設の設置や掘削は2008年6月の日中合意に反すると改めて主張する考えだ。その上で、ガス田の共同開発に向けた条約交渉の再開を模索する。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151020-00050015-yom-pol