井伊直虎ゆかりの地巡るツアー 浜松の観光関係者ら

2017年放送の大河ドラマの主人公に選ばれた戦国時代の女性城主・井伊直虎ゆかりの史跡などを巡るツアーが18日、直虎が活躍した浜松市北区で開かれた。観光関係者や市職員ら27人が参加し、直虎や井伊家の歴史に理解を深めた。

一行は、井伊家の居城のあった井伊谷城跡や、直虎や歴代当主の墓が建つ龍潭寺など、引佐町と細江町の11カ所を訪問。同寺の執事で、井伊家の歴史に詳しい武藤佑吉さん(78)らから説明を受けた。

来訪者に観光地を案内するボランティアでつくる「奥浜名湖語り部ガイドの会」などが、観光客の受け入れ体制づくりの一環として企画した。

同会の会長を務める武藤さんによると、観光客から直虎や井伊家について質問を受ける機会が増えているという。武藤さんは、こうした知的好奇心に応えるため「話の切り口や(ガイドの)担い手を増やしたい」と話した。




http://www.at-s.com/news/article/culture/shizuoka/162950.html