小笠山で2人遭難 1人救助1人不明 掛川・袋井

17日午前6時45分ごろ、掛川市と袋井市にまたがる小笠山へ16日に入った袋井市岡崎、無職の女性(71)と女性の義理の弟で愛知県豊川市伊奈町正庵、無職の男性(71)が帰宅しないと、家族が袋井署に届けた。

同署と掛川署、掛川市消防本部などが遭難事故とみて捜索に当たり、17日午後3時前に山中で女性を発見、救助した。女性は同市内の病院に運ばれた。腰を打って軽傷を負ったが、命に別条はないという。

男性は依然として行方が分かっていない。捜索は日没で中断となった。18日午前9時に再開する。掛川署によると、2人は山菜採りのため、16日午後1時ごろに同市入山瀬の県道から山に入ったという。途中で道に迷っているうちに暗くなり、誤って滑落して離れ離れになったとみられる。




http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/162373.html