中国軍幹部、人工島造成を正当化 「航行の自由影響せず」

中国軍制服組トップの范長龍・中央軍事委員会副主席は17日、中国が南シナ海で進める人工島の造成について「主に民間利用が目的であり、航行の自由に影響することはない」と述べ、滑走路建設作業などを正当化した。北京で開かれた中国主催の安全保障フォーラムで述べた。

米国は中国の主権拡大を食い止めるため、中国が「領海」と主張する人工島から12カイリ(約22キロ)内で軍艦を近く航行させることを検討しているとされ、緊張が高まっている。

范氏は、南シナ海の領有権争いについて「われわれは軽率に武力に頼ることなく、衝突を避ける努力をする」と指摘した。




http://www.at-s.com/news/article/international/162189.html