セメント量データも改ざん 旭化成建材、傾斜マンション問題

横浜市のマンション傾斜問題で、旭化成は16日、虚偽のデータを使ってくいを打つ工事をした子会社「旭化成建材」(東京)が、基礎のくいに使ったコンクリート原料の改ざんがあったと発表した。セメント量のデータも改ざんあったのは、3棟の計45本に上り、国土交通省関東地方整備局に報告した。

旭化成建材の前田富弘社長は同日の住民説明会後、報道陣に「住民に迷惑をかけ申し訳ない。大変重く受け止めている」と謝罪。既に明らかになっているくい打ちでのデータ改ざんは「くいの未到達を隠すためにやったと推測できる」と述べた。これでデータ改ざんが明らかになったくいは計70本になった。




http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101601001844.html