旭化成、全国の千棟以上調査へ 横浜のマンション傾斜

三井不動産グループが販売した横浜市都筑区のマンションが傾いている問題で、下請けとして基礎のくいを打ち、一部で虚偽データを使った旭化成の子会社「旭化成建材」(東京)が工事の際、一部データの取得に失敗したため他のデータを転用したことが15日、旭化成への取材で分かった。

旭化成は、旭化成建材がくい打ちを施工した全国のマンションについて、保管している過去のデータを全て調査する方針。対象は千棟以上に及ぶという。

旭化成建材は当面の措置として傾いた建物の補強、改修をする方針。

旭化成は社内に調査委員会を設置、最終的な対応は調査結果を受けて判断する。




http://www.at-s.com/news/article/social/national/161395.html