豚まん愛され創業70年 街で駅で「551がある時!」

「551の豚まん」で知られる蓬莱(ほうらい、大阪市浪速区)が15日に創業70年を迎える。始まりは、終戦直後に台湾出身の4人が大阪・ミナミで開いた小さな食堂。中華料理の伝統食を日本風にアレンジした豚まんは大阪のソウルフードとして根付き、全国各地へ持ち帰られる土産の定番に成長した。

ミナミの戎橋筋商店街にある551蓬莱本店。行列に並んだ大阪市浪速区の難波アヤメさん(89)は週に1度は歩いて買いに来る。辺りが闇市だったころから家族と一緒に食べている味だ。「豚まんは薄味で飽きないし、1個でおなかいっぱいになる。足腰が痛くなっても、ここでおいしいものを買うのが外出の励み」とほほえむ。

台北から会社の同僚5人で観光に来た郭桂安さん(33)は、店先で豚まんをほおばった。「台湾の家で作るものとは違う。皮が厚いのに柔らかい。肉も甘みがあっておいしい」

店員が店頭で具を白い皮に包んでいく。「指でネタをもんで皮を包むのは創業当時から。おいしいもんになりますように、って指先から気を送ってるんですよ」。入社50年目の最年長社員で、テレビCMに出演している常務の田中一昭さん(73)が言った。

田中さんは大阪市出身。大学時代、指導教官から就職先として551を紹介された。食堂のバックヤードが面接会場だった。汗だくの人が出入りし、活気にあふれていた。

田中さんに一対一で向き合った当時の社長、故・羅邦強さんは語り始めた。1941年に日本統治下の台湾から出てきたこと。神戸の軍需工場で働いているときに終戦を迎えたこと。終戦2カ月後、ミナミの闇市で同郷の3人とバラックの食堂を始めたこと――。

■1皿10円のカレーから

最初のメニューは1皿10円のカレーライス。間口2間、奥行き3間だった店がどんどん大きくなった。「食べることは人の生理的な欲求。大事やで。おいしいもんで人を笑顔にするのが奉仕や」。そう語る羅さんにほれ込み、田中さんは百貨店の子会社の内定を断って66年に入社した。




http://news.goo.ne.jp/article/asahi/trend/ASHBF7FYGHBFPTIL02R.html